産休中の家計の不足はこうしてカバー

産休中には胎児と自分の体調を優先して過ごすことができますが、いささか気になるのは生活費のことです。結婚後も夫婦共働きで働いていた場合、産休期間に入れば家計はその分だけ一時的ではあっても減ります。旦那さんがかなりの高収入であれば話は別ですが、共働きをしている一般庶民の家庭は、旦那さんの収入だけでは少し厳しくなることが多いです。しかしせっかくの産休期間に、お金の不安を抱えていてはいけません。しばらくは生活費が不足をする事態を予想する前に、育児休業給付金がありますから、産休中にもお金の心配をする必要はないです。すぐに給付金が支給をされるわけではありませんが、産後およそ3ヵ月ほどすれば支給をされることになります。1年間は育児給付金を受け取ることができますし、一定の条件さえクリアすれば2歳までの延長もOKです。ちなみに正社員だけが産休を取得できるだけではなく、パートでも契約社員でも雇用期間内だったら、産休をとることができます。少し足りないと思う分は、この期間に家中から見つけ出した、不用品を売ることでもお金にできますし、家の中もスッキリして一石二鳥です。ネットオークションを利用したり、リサイクルショップへ持ち込んだりして、ささやかながらお小遣いにすることもできます。まだ生まれる前ならば、自分の時間をたっぷりととることができるので、ネットを使ったポイ活をするのもお小遣い稼ぎには最適です。ネットを使うお小遣い稼ぎなら重労働をするわけではなく、座っていつでもできるので負担にはなりません。アンケートサイトなどに登録をしておいて、配信されるアンケートに答えたり、モニターサイトへの登録をするなど楽しみながらできます。生活費が気になるなら、節約できることはないかを考えてみるのもひとつです。スマートフォンを格安スマホに切り替えてみたり、ローンの金利を下げてみるなどできることはあります。これまで何となく安いからと買っていた無駄な出費を減らしたり、できることはいくつもありますから見直してみることです。

衛生管理がしっかりしている岡本歯科クリニック

オーダーメイド矯正治療

患者様と寄り添う歯医者
一緒によってより良い治療法を見つけていきます

お子様でも通いやすい佐野市の歯医者さん
お子様が嫌がらずに治療を受けられるよう、親御さんの付き添いも可能です

患者様1人1人に最適な歯の治療
費用や身体的負担・来院頻度などをもとに複数の治療プランを提案します。

最新記事